チラシを作るソフトについて (ワードやパワポとの違い)

今日は、
印刷物の制作をする人ならほぼ誰もが使っているイラストレーターというというソフトが
一般にはあまり知られていないんだなという話です。

検索結果などを見ていて「ワード (やオフィス)で作るチラシ」というのを探していている方が以外に多いように思いますが
ソフトにはそれぞれ目的があると思います。

※現在では、制作されたソフトなどの状態を問わず、
PDFなどから安価で印刷可能というところも
あるようです。

普通、1枚ものの印刷物を制作会社や印刷会社に依頼すると
他にもソフトはあると思いますが
イラストレーター(Adobe Illustrator)で、
作られることがほとんどだと思います。

ワードやパワーポイントなどのオフィス系ソフトもバージョンがあがるにつれ、かなりのことができるようになっています。
ワードパワーポイント等が達人的に上手な方ほど
「このまま入稿したい」「同じようなことをパワーポイントで再現したい」と思うのだろうと思います。
ワードとエクセルも目的や用途が違うように
製版するソフトはそれ専門のものなので、詳細なディテールの再現は難しいです。

印刷会社にお願いしようと思うと、
ワードなどは、元原稿として
受け付けて、それを元に製版用のデータを作成してくれるところがほとんどだと思います。

私は、
昔(約10年前に入った会社)は印刷の制作がメインの会社だったので
会社にあるのは全てマックで
ちょっとした書類なんかも全てイラレという環境でした。

表などでエクセルは普通に使いますが、
ワードはいまだに苦手です。

なんか「まとわりついてくる感じ」がするんです。
箇条書きを解除する方法も長く知りませんでした
いまだにわからないことも多々あると思います。

なので文字だけの書類は事務方に頼んだ方が早いと思っています。

そういうことで、私はワードについてあまりわかってないです。
今は見た目に変わらないことができますし、検索すると使い方もたくさん出てきます。
目的が違う。

私は、出産後
パソコンを使う仕事になったとき
イラレを使うことがメインではじめたので、
パソコン=イラストレーターとフォトショップが入っているものという認識すらありました。

全てのパソコンにプレインストールされている(入っている)
・・・とまでは思わないまでも
「名前だけは知っていて当たり前のソフト」なんだろうと思っていました。

しかしながら
この数年
ショックというか
それほど有名なソフトじゃないんだな・・・と感じることがありました

一つ目は、
ワードでもらったものをイラレで作ってPDF(カンプ)を返した時
「どんなアプリで変換しているの?」と聞かれたこと

アプリケーションという分類で間違ってはいないんでしょうけれど。。。
ソフトもソフトウエアの略ではありますが
日本語は難しいですね

二度目は、
仕事の分野は全く違うけれど
同い年で、独身でずっとキャリアを積んできた友人(今は流通関係の仕事)に
イラストレーターというソフトの名前を「今初めて聞いた」と言われたこと

私が約10年余りほぼ毎日使ってきたソフトなので、
複雑な心境になりました。

余談ですが、
後にwebメインの会社に入り
全ての書類がイラストレーターというのはかなり珍しいんだなーとやっと気づきました
A4ならA4という「サイズから入る」という点で
いいところもあるんですけどね。。。

そして
パワーポイントってプレゼンテーションするためのソフトだと思っていましたが
カンタンな図とか画像を入れたりするのにいかに使っている人が多いということもそこで知りました。
一般の事務系の方にはごく当たり前の認識だと思いますが・・・

やってみたいと思われる方は多いようです。

イラストレーターがあまり一般に知られていない理由は
やはり
比較的高額(※)で、特殊な目的のソフトではあること。
※現在は、クラウド版(Adobe Creative Cloud)で定額制で払い続ける

突然入手したとしても、
ワードやパワポの知識に長けている方ほど使いにくいんじゃないかと思います。

餅は餅屋にと言う言葉通り
無理やり突然ソフトを買ったりするより
「見た目この通りに(ダサくなく)作ってほしい」と依頼するのが一番です。

外部の人が不特定多数見る「広告」などは
専用のソフト、イラレなどのグラフィックソフトが向いていますが、

私が最初に勤めた会社のように、イラレしか入っていなくて、ちょっとした書類もイラレという特殊ケースをのぞき、
社内の人が見る提案書や会議資料などは、詳細をわかっている人が、
ワードでもパワーポイントでも使いやすいものでわかっている人が作ったほうが良い場合が多いです。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告