思ったより早く失業した理由

前回、任意継続の記事冒頭で、「余計なことをして」と書きました。

初めての任意継続(保険証)の話
このたび、余計なこと(?)をして、仕事と次の仕事との間が一ヶ月くらい空くことになりました。 以前、退職したときは3ヶ月、間が空きましたが ...

希望していた会社(A社)からの返事が遅かったため(新規立ち上げ事業だったため)
先に決まったところ(B社)で働き始めました。

派遣さん

私は派遣なので、派遣先の面談(※)までの手順を踏んでいれば、
いろいろ聞くと
よほどのことがない限り採用になる確率は高いようです。

(※)派遣では面接という言葉を使っていないそうなので、
顔合わせ、職場見学などという名称が使われます。

なので「返事を待ち、B社は断ります」とA社の派遣元に申し伝えましたが
「3ヶ月契約なのであれば、決まるまで初回の契約期間を働いていてはどうですか?」とのお返事
A社さんに100%ではない状態なので、そこまで責任が持てないということでしょう。
派遣元さんにしてみれば、ごもっともなご提案です。

初日出社して、契約期間の書類を渡され、びっくり。
初回契約が入社の1ヵ月後。

派遣は今回が2社目で、
前の派遣先は入った日から1年間という契約だったので、
派遣って入った日から契約期間がスタートすると思っていました。

「渡りに船」と思いました。
私1ヶ月で辞めていいんじゃん!

その前に3年勤めた派遣先は、派遣さんも現地採用のパートさんも少なく、
同世代は管理職しかいない
社員さんも世代や環境の違う人が多くてあまり居心地が良くなかった。
話すことが減ったせいか、太った。

さびしい女(ひと)は太る?
仕事はダイエット 決まった仕事、会社勤務は最大のダイエットだと思います。 毎朝、決まった時間に起き 私の場合だと 子どもには...

辞めるほどの理由は無い

そのB社さんは、派遣さんがたくさんいて
同世代の女性がとても多く、居心地の良い職場でした。

仕事の内容は、仕事自体はやりがいがある仕事だったと思います。

長い目で見てしまうと、
長く続けていくには辛い職種だなと思いました。

ぶっちゃけいうと、将来性が少し薄い。
うまくやればうまく回れるのに、運営方法が少し古いというか固い。

ただ、末端で働く分には特にどうしても辞めなければならないような
我慢できないようなことはなかったです。

具体的には書けないのですが
柔軟性が必要な分野にしては、堅い企業であったということだと思います。
しかも、手を出すのが比較的早かった。←やはり資金力があったからと思います。

カル□ス・ゴーンさんみたいな人に大元に入ってもらい、運営を根本から改革してもらえば
立ち直れる要素は十分にあるだろうなという感じの会社でした。

そんな風に長い将来は不安材料はある企業だけど
末端で働く分には何も問題ない会社。
古いだけに体制も整っている。
で、

やめる人も少ないため、入ってくる人も少なかった。
私の前任の人も、妊娠してやめるんだろうなという感じ
それだけ、多くの人にとって居心地のよい職場だったと思います。

そこを1ヶ月で辞めると言ってしまったがために

本当は雇用する側から、繰り上げて辞めてほしいということを促すのは違法だそうですが
「これから企業研修が始まる」という時に申し出てしまったがために
「うちの研修受けても仕方ないよね?」ということになり
私も1ヶ月で辞めるのに居難いという思いがあり、
結局申し出て、受理され数日の
2週間で辞めることになってしまいました。

神様がくれた休日

それから4週間という
人間的には、とてもリフレッシュできて、
次が決まっていればお金もそれほど不安にならず
社会保険的には微妙に中途半端な期間があくことになりました。

もう少し先延ばしにすれば
研修期間って通常業務をしなくても
給料はもらえる時間があるため
その方が金銭的にはありがたかったかもしれません。

考えようによっては「余計なことをした」(申し出るのが早かった)かもしれません。
ただ通常なら更新は1ヶ月前申告なので
仕方ないといえば仕方ない

お客さんとやりとりする仕事だったので
いればいるほどやめにくくなる
社内の人に迷惑かけるだけであればまだ居心地悪いだけで良いかもしれませんが
手をこまねいて、引き伸ばして、迷惑かけて
周囲の冷たい視線にさらされながらあと3週間ほど居るより
思い切ってやめてしまっていいじゃないかと思いました。

昔、好きだったロングバケーションというドラマに
神様がくれた休日というフレーズがありましたが、
今回私にも休日が必要だったのだろう
そう思って、お休みすることにしました。

休みの間は一人の時間も多く
キムタクに出会えることもなく、、
やっぱり太りました。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告