通じにくい「ブラウザ」~あるある~

意外と通じないです。
 ブラウザ
説明する機会そのものが意外と少ない言葉です。

わざわざ
ブラウザで確認してくださいませ」と、言わなくても
「起動するもの」という感じですよね。

「ネットで確認」、とかが一般的でしょうか

では一般的にブラウザのことを何て表現するか
ブラウザ=「インターネット」です。

そして、
IEしか知らない方、いまだに多いですね。

IEが
インターネット エクスプローラ
と、ネーミングにずばりインターネットと付いているからでしょうかね

以前の会社は、「制作」をうたっている会社でしたが
ブラウザは言っても通じましたが、
「ファイアフォックス入っているから確認してみて」と言っても
「何ですかそれ?」と言われて、がっかりしたこともあります
ちなみ、その子、その前の会社で『制作』という肩書きだったので、そこでも自分は制作と名乗っていました。

部署が制作ではなく「○○部(課)制作」
みたいな感じだったような・・・
で、
CMSしか使ったことのない子でしたが
「私は一般事務じゃないわよ制作なの」みたいな『自称・制作』
(自称制作の話はまた改めて・・・)

とりあえずfirefoxかchromeで、出来たっ!と思って
IE見たら、泣きたくなることも多かったんで
油断できないんですが
つい、chromeで自分にOKを出してしまう。。。
IE8まではは特にひどかった
IEの話も長くなるのでまた改めます。。。
「ブラウザ」という言葉が通じないという話ですが
PCでネットを見るツール=「IE」しか無いと思っている人が多い

ついにwindows10からはIE無くなったそうですが
どうなんでしょうwindows10自体、使っている人をあまり見たことがない

恥ずかしながら
かくいう私、その昔
かなり長い間「プラウザ」だと思っていましたが、、、

そういえば勘違いといえば
もっと言うと
ブログも最初「プログ」だと思っていたので
先日の記事にも書いたように「ペジェ曲線」だと思ってましたし。。。
私の中でIT用語は半濁音pという印象があったのかもしれないです

少し話しがブラウザからそれますが、
日本の多くの方が
インターネットの起動画面=yahoo
検索エンジン=yahooだと思ってる方が多いですね。

なかには、
IEのことをヤフーと呼んでいらっしゃる人がいてマジ驚いたこともあります。

何かの拍子にクロームがインストールされて
クロームのことを=グーグルといい
何かの商談でうかがった際「ネットがグーグルになっちゃったからヤフーに直していってくれない?」と。

あなたが間違ってダウンロードしたのに、しかも何故別件で来た私がそれを直すの?と。

会社に戻っても「firefoxって何ですか?」という『自称・制作』の子しかいないので
それを一緒に笑ってくれる人もいなかったです。

で、お客様であるサイトオーナーさんも、ご多聞にもれず
検索エンジン=yahoo
自分のお客さんもほぼ100%yahooから入ってくると思っているんで、
「グーグルとyahoo、現在、検索結果は同じです」と言ってもあまり通用しませんし
対策するのはgoogleだと、じょっぱっても無駄
「ヤフーで○位」と言わないと、ご評価はいただけなかったです。

(じょっぱるは『強情っぱり』が語源の北海道弁)

コメント

タイトルとURLをコピーしました