ワードプレス習得で悩んだこと

「わからない」
何かに取り組むとき、そのツールの用語全てを理解していなくて良いと思います。
例えば、普通の仕事でも
最も一般的にエクセルなどを使ったりする時に
全ての用語を一通り把握していないと思います。

わからなければ、検索したりマニュアルをみたりする。
何度か経験を経ていくうちに
前にも似たようなことがあったな。。と、気づいてスムーズに出来ることもあれば
何度も同じことを検索することももちろん、、私だけではないのでは?・・・と。

ワードプレスに関しても
全ての用語や機能を理解していなくても良いんだとやっと思えるようになりました
「そういう用語や機能が有ったな。。。」くらいで良いと思います。
こういうときに出てきたな
と、
やっていくうちに自信が持てるといいかなと思いながらやっています。

私のこれまでの仕事でも
一般的なソフトに加えてhtmlやcss
また、
Illustratorなども使いますが
特にソフト等は、バージョンごとに新しくなりますますし、
いまだに出来ないことも、苦手な使い方も多くあるように思います。

コンプレックスなのは
CSSが苦手ということでした。
私はCSSが主流ではない時代に、(子どもが小さかったのでWEBなら在宅でできると思い)
HTMLだけを必死でマスターし、
CSSを使うことが主流になった頃は、
主にDTP(印刷関係)で、イラストレーターやフォトショップを使いましたが、WEBとは少し方向が違い、
しかもメインは営業職という業務を主にやっていて、
営業も、DTPも、そして休んでしまったHTMLいずれもが中途半端で何年も過ごしたように思います。
本人が「自信が無い」などと周囲は感じる暇もないような歳月でもありました。

しかしながらどれも役に立つ知識でした。
営業も、ディレクションという立派な専門分野の基礎になります。

その後失業したり、時間に余裕のある仕事になったり
ようやく一人でもCSSでページ書けそうと思った頃
スマホサイズ、つまりレスポンシブが主流になって
薄いCSSの知識で余計に自信をなくしていたこともありました。
CSSが苦手というコンプレックスは2014年頃まで引きずっていましたが
理解はできていますし
そのおかげで、グリッドシステム(bootstrap)という便利な機能とも出会えました。

「全てをわからなくて当然」という前提、概念で取り組んだら、すっと気持ちが楽になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました