ベジェ曲線使いのコツ

CSSの他に「苦手・コンプレックス」だったこと
パソコンで絵がうまく描けない!?ということがありました。

手描きで絵を描くのはどちらかといえば好きな方で、
学生時代、美術もずっと得意でした。

これも例にならって書籍もいろいろ買い込みました。
こちらは、定期的に、思い出したように、、、です。

まずは、
トレースができればいいのだろうと思い
その本がけっこう高かったので、中古で買ったりもしました。

正しいトレースのやり方みたいな本だったんですが
でもさっぱり、全く役に立たなかった・・・
ベジェ曲線が1つのカーブくらいなら出来るのですが
思い通りに使えない。どうもコツがつかめない。。

そうこうしているうちに、イラレのトレース機能もあがり
オートトレース(※トレース機能の名称はバージョンで異なります)するだけで、
何もしなくていいのかな?と思って
いた時期もありました

イラレの
トレースの性能はバージョンがあがるにつれ、格段に画期的に良くなったようですが、
元の画像の状態で、
べたっと塗りつぶされたようになります。
マジックで描いた太い線ならそのままトレースに向いていると思いますが。

手描きの絵って鉛筆で描いて、線がはっきりしないギザギザしているもの。
そういうふわっとしたイメージをイラレのパスにするには
オートトレースではちょっと難しい。
手描きで完全に描き込んで仕上げる必要を感じていました。
それをjpg画像のように取り込むというか。

ふわっとした手描きのイメージ画に向いているのは
「スキャンして下絵にして描く」ですね。
そのコツが長いことわからず、オートトレースでごまかし、行ったりきたり
自分で紙に描いた絵をパソコンでパスにして色づけ、私には出来ないと思っていました。

では、どうやって描けるようになったか・・・
それが、、「やってみたら出来た」んです。

どんなにマニュアル本を見ても出来なかったのに、
ある日やってみたら出来た

もちろん
イラレもphotoshopも日常的に使う仕事だという前提の下です。

【完成図】

senga

ベジェ曲線の技術的なコツといえば
「ハンドルをできるだけ短めにする」それだけでした。

プラス「点(アンカーポイント)を少なめに」ですが
これは多いとやりにくいので、慣れると理解出来ると思います
長すぎると扱いにくいです。
「こういうものを描きたい」という目標やイメージみたいなものがある方が良いかもしれません。
練習には、好きな分野のアニメの似顔絵とかもいいと思いますし、
仕事で、ワンカットでいいから自分のオリジナルの絵を採用してほしいという切なる願いとか。
こういう時代なので、ブログやSNSで使うでもいいですし
とにかかくやるからには世の中の人に見てほしい、評価してほしいですよね。
その後は、
ライブペイントなどという機能もあり
丸一日、自分の絵と格闘、時間さえ許されればかなり楽しめます。

ちなみにこのひよこの絵の経過
超初心者向けですが

【その1】
その1

【その2】

h2


【その3】

h3


【その4】

h4

(ちなみに、、ずっと「ペジェ曲線」だと思っていました。はずかしい。。。)
なせば成るです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました